>

間違えないでゴミを出すこと

リサイクルをしなければいけない

森林がなくなったらほとんどの生き物が暮らせなくなってしまいます。
このまま森林の伐採が進んだら大変なので、積極的にリサイクルをしましょう。
新聞紙を資源ゴミに出すことで、別の紙に生まれ変わります。
リサイクルできるものなので、きちんと分別してください。
森林を守るためには、みんなの意識が重要です。

みんながリサイクルをすれば、自分はしなくて良いと甘く考えないでください。
誰か1人でもルールを守らないで新聞紙を燃えるゴミに出すと、リサイクルできるチャンスを失います。
いつ資源ゴミを回収するのか、確認しましょう。
地域によって回収する日が変わるので、間違えないでください。
違う日に出しても、新聞紙を回収してもらえません。

新しい新聞紙になる

新聞紙をリサイクルすると、再び新聞紙になることが多いです。
使い終わった紙でも、機械を通せば綺麗になります。
ですから新聞紙として、再び使用できます。
繰り返して使うことが、資源を守ることに繋がります。
地域で回収する曜日が決まっていますが、スーパーや駅などに資源ゴミを回収する箱が設置されています。

早く回収して欲しい人は、そのような施設を利用しましょう。
地域によっては、2週間に1回の回収になる場合もあります。
かなり新聞紙が溜まっている人は、次の回収日まで待てないでしょおう。
都合が悪くて、回収日に新聞紙を持っていけないことも考えられます。
時間がなくても、工夫すればリサイクルできるので方法を知ってください。


TOPへ戻る