古新聞はどんなものに生まれ変わる?

資源ゴミに新聞紙を出そう

間違えないでゴミを出すこと

みなさんは、新聞紙の原材料が何か理解していますか。 新聞紙に限らずほとんどの紙製品は、木から作られています。 新しい紙をたくさん作りだすと、その分森林を伐採しなければいけません。 自然環境を失くさないように、リサイクルが推奨されています。 新聞紙は、資源ゴミに出しましょう。

新聞紙は何からできているのか

新聞紙は、資源ゴミに含まれます。
せっかくリサイクルできるものなのに、燃えるゴミに出したらそのまま焼却されてしまうのでもったいないです。
資源ゴミを回収する日に、まとめて出しましょう。
リサイクルすることで、再び新聞紙に生まれ変わります。
そのように何度も紙を繰り返して使っていれば、資源を無駄にすることはありません。
新しい新聞紙を作るたびに森林を伐採していたら、自然がなくなってしまいます。
みんなが、リサイクルを意識してください。

雑誌にも生まれ変わることができます。
ファッションの情報が記載されている雑誌から、マンガが掲載されている雑誌まで幅広いジャンルになります。
生まれ変わった紙のことを、再生紙と呼んでいます。
またコピー用紙になることも多いので、購入する場合は再生紙を選択してください。
たくさんの人が再生紙を買うことで、需要があると制作側に伝えられます。
するともっと、再生紙を作ることに力を入れてくれるでしょう。

トイレットペーパーやティッシュなど、生活用品に生まれ変わることもあります。
それらは人間の生活に、欠かせないものですよね、
きちんと新聞紙をリサイクルできるように、正しい方法で処理しましょう。
また新聞紙でも、厚紙を作れると言われています。
新聞紙は非常に薄い存在ですが、機械を通すことで新聞紙が何枚にも重ねられ、立派な厚紙になります。
そのように、新聞紙にはたくさんの使い道があることを理解してください。

雑誌や絵本を作ることができる

新聞紙をリサイクルすることで、新しく本を作成できます。 雑誌になったり、小さい子供が読むような絵本になったりします。 みなさんも、購読している雑誌があるでしょう。 さらに新聞紙は、コピー用紙になります。 リサイクルされた紙は、再生紙という名前になります。

毎日使用する紙製品とは

トイレットペーパーやティッシュは、ほとんど毎日使用します。 それらも、新聞紙を再利用することで作れます。 誰でもお世話になっているので、今後は進んでリサイクルをしてください。 原材料の新聞紙が増えると、作れる紙製品の数も増えます。 すると安く提供できるようになります。

TOPへ戻る